【婦人科系】生理痛がひどい方は腹直筋をチェックしてみよう

こんばんは。

kabosuです。

今回は

婦人科系のことについて

トリガーポイント療法の視点で

書いていきます。

女性のみなさんは、

人生で少なからず一度は生理痛など女性特有の問題に悩まされたことがあるのではないでしょうか?

今回は、その女性特有の症状である

婦人科系の問題に対し、

トリガーポイントの視点から問題点を挙げ、改善する方法をまとめていきます。

スポンサーリンク

1.婦人科系の問題に関わると考えられている”腹直筋”

婦人科系の問題には、腹筋群が関わるとされています。

腹筋群、特に下部腹筋にトリガーポイントが出来ると、婦人科系の問題を助長すると言われています。

その他、東洋医学の”経絡”の視点から考えれば、

腎経や肝経などが婦人科系の問題と関わりがあるとされています。

そうなってくると、”内転筋”なんかは婦人科系の問題とかなり密接な関係にあると言えます。

今回は、トリガーポイントの視点からまとめていくので、

腹筋群について書いていきます。

2.まずは腹筋群について理解しよう

①腹直筋

②腹横筋

③内腹斜筋

④外腹斜筋

3D解剖学より引用

腹筋は腹部の前面と側面を覆っている。

腹直筋は垂直で中央にある厚板状の筋で、下部の肋骨と恥骨に付着する。

腹斜筋は、3層に分かれた腹部側面の筋であり、各線維はタイヤの層のように異なる角度を向いている。

腹筋群は身体を曲げる、ひねる、横に曲げるなど一体となって機能する。

また、後方に反りかえる際に、過伸展を防いだり、背骨を安定させ、あらゆる種類の活動中に身体を支える役割を担う。

正常な呼吸及び努力呼吸において、この筋は肺から空気を出すのを助ける。

興味深いことに、呼吸作用は腹部にある大動脈を交互に圧縮・開放し、脚から心臓に血液を引き上げるポンプ作用を補助している。

また、腹筋は、出産、嘔吐、排尿および排便のための圧力を提供する。

自然分娩の過度の力みは、女性の腹部に多くのトリガーポイントを残すことがある。

腹筋群のトリガーポイントは、腹部・側部・背部に痛みを生じるだけでなく、腹腔内の臓器と男女の生殖器に痛みを送る。

TravellとSimonsは、多様でしばしば非常に間接的な腹筋のトリガーポイントを「診断上非常に紛らわしい」と述べている。

3.腹筋群トリガーポイントの症状

腹筋のトリガーポイントは、外部と内部両方の腹痛の原因となる。

通常、腹筋の痛みと症状は内臓に原因があると推定されるが、誤診であることが多い。

トリガーポイントが認知されていないため、不要な腹部手術を受けなければならないこともある。

腹部上部のトリガーポイント

胸やけ、胃酸の逆流、食道炎、裂孔ヘルニア、胆石、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、心臓病、または消化不良などと誤診される

また、腹部上部のトリガーポイントにより、吐き気、噴出嘔吐、食欲不振、および摂食障害を生じる。

活性化したいずれかのトリガーポイントを鎮めるまでは、これらの症状が、トリガーポイントによるものか、それよりも深刻な何かによるものかは、知るすべがない。

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方より引用

腹部中央部のトリガーポイント

疝痛・胃痙攣・および慢性下痢の原因となる場合がある

腹部における過度のガス、膨張感、腫脹、または灼熱感は、中央および上部腹筋のトリガーポイントが単独の原因である可能性がある。

トリガーポイントが右下腹部の虫垂の領域で起きると、痛みが虫垂炎と非常に似る。

体温が上がらず、血液検査が陰性であれば、腹壁近くのトリガーポイントを探すことに目を向けるとよい。

医師が中央部と下腹部筋のトリガーポイントからくる症状だと認めない場合、過敏性腸症候群、大腸炎または子宮内膜症と診断されるかもしれない。

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方より引用

下腹部筋のトリガーポイント

下部腹筋のトリガーポイントは、鼠径ヘルニアと誤解されることがある。

また、痛みのある痙攣が膀胱で生じて尿の貯留に影響するため、排尿とそのコントロールを難しくする場合もある。

年長の子供にみられる治りにくく、ストレスになる夜尿症は、腹筋下部のトリガーポイントが原因の可能性がある。

おねしょで子供をしかることで与えられたストレスは、腹筋トリガーポイントを増悪させる

成人が不意に夜尿症を経験する場合もトリガーポイントが問題に関与していることがある。

腹筋下部のトリガーポイントが生殖器まで関連通を送る場合は、不必要な苦痛が多く生じる。

下腹部や卵巣、子宮、膣で感じる月経痛は、腹筋下部のトリガーポイントが原因の可能性がある。

陰茎や睾丸の痛みも腹筋下部のトリガーポイント以外は深刻ではないかもしれない。

腹筋自体の痛みの原因はたいていトリガーポイントにある。

関連通はいつも簡単に追跡できるわけではなく、腹部の片側にあるトリガーポイントが両側、または反対側の腹部に症状を起こすことがある。

腹筋から送られる背部への関連通は、非常に一般的で、広範囲にわたって水平な帯状に出現する。

背部痛だけを考えていると、腹筋からこの痛みがくるとは思い浮かばないかもしれない。

深呼吸すると痛みが増す背部痛は、腹部トリガーポイントの兆候の可能性がある。

①下部腹筋のトリガーポイント

     右:腹筋の背部への関連通パターン

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方より引用

4.腹部トリガーポイントの原因

仕事や運動におけるオーバーユースは、腹筋のトリガーポイントを生じさせる。

過度の腹筋運動とレッグアップは、問題を起こすことがよく知られている。

捻転位置で座る、長時間の座位、慢性咳、感情的ストレスのすべてが腹筋のトリガーポイントを引き起こす。

腹筋は、重いリュックサックを運ぶことで酷使される筋の一つである。

心配事や長時間の座位は、他の何よりも腹筋にトリガーポイントを生じやすくなる原因である。

運動におけるオーバーユースも同じくらい重要な原因である。

スタイルを良くするために腹筋を鍛えるオーバーユースも、トリガーポイントの発生を保証するようなものである。

強く、柔軟な腹筋は、腰部を補助し健康向上に役立つが、トリガーポイントを残したままエクササイズを行うことは全くの間違いである。

腹筋のトリガーポイントは、内臓疾患でも発生し、疾患が回復した後も痛みが継続する理由となる。

例えば、胆嚢障害は、腹筋と脊柱起立筋にトリガーポイントを生じさせ、永続させる。

不調な胆嚢は腹部と肩甲骨領域まで関連通を送り、逆に腹筋のトリガーポイントからの痛みは、胆嚢痛のように感じられる。

腹部手術のかなり後まで続く痛みは、手術自体が引き起こしたトリガーポイント由来だと考えられる。

ほとんどの人が腹筋に潜在性のトリガーポイントを持っているが、それらが見つかるまでは決して疑おうとしない。

予防の最初のステップは、すでに存在する隠れた問題を取り除くことである。

問題のある領域で潜在性のトリガーポイントを時間をかけて探し、非活性化し、腹部を良く知ることが必要である。

5.腹部トリガーポイントに対する治療方法

腹部の上部、中央、下部の3つの部位に注意を向ける。

上部腹筋のトリガーポイント

上部腹筋のトリガーポイントは、普通の部位とは異なる方法で補助を添えた指を使い、深い軽擦マッサージを行う。

肋骨に沿って中央から側方に向かって全体を探す。トリガーポイントは肋骨の上またはすぐ下に見つかる可能性がある。

この部位の処置は、立位、座位または背臥位で行うことができる。

下腹部筋のトリガーポイント

下腹部筋のトリガーポイントは、全てベルト位置から下で見つかる。

補助を添えた指でマッサージすること。

恥骨と腸骨稜に対して筋を押し上げ、骨に沿って中央から外側へ向かって探す。

下腹部のマッサージは背臥位で最も上手く行える。

腹筋をマッサージする際、指に負担をかけないようサポートすることが重要である。

最も安全で効果的なマッサージを行うには、指の平らな部分ではなく、素早く使える指の先端をトリガーポイントに適応する。1~2枚の衣服の層を通してマッサージし、摩擦から皮膚を保護するようにする。

指で皮膚を移動させるだけの、ゆっくりと深いストロークを一方向に行う。

Travellは、女性は生理期間以外に下腹部を定期的か、または必要に応じて毎日マッサージすることで、月経痛を最小限にできると言及している。

就寝前に1分、朝に1分の腹筋マッサージを習慣にするだけでよい。

これらの筋における圧痛は、ストレスや月経の際に発現する潜在性のトリガーポイントの存在をはっきりと示している。

腹部中央のトリガーポイント

腹部中央のトリガーポイントは、爪と爪を背中合わせにした状態でマッサージする。

この方法は、腹部全体において非常によく作用するが、背臥位が最も効果的である。

両手の中指と薬指が主要なツールであり、同じ位置に出来るだけ置くようにすること。

これで指を一体化させれば、処置がより簡単になる。

また、腹部の中央と側腹部のトリガーポイントは、反対側にある母指でもむことが出来る。

これは立位か背臥位で処置できる。上下に手を動かしたり、反対方向に移動させたり、その間に押したり凝りをほぐしたりする。

異なるトリガーポイントをとらえるため、手を垂直や水平など違う位置に移動させる。これは非常に効果的なテクニックであり、筋にトリガーポイントがある場合は、数分以内で痛みを消失できる。

一般的な腹痛は、たいてい「腹部しぼり」によく反応する。優しく行えば、疝痛の乳児に対しても処置することが可能である。

腹筋のトリガーポイントの存在を確認し、腹筋トリガーポイントからの症状が問題の一部であると指摘することが重要である。

内臓疾患が筋膜痛を助長する。内臓疾患の治療の一環として、特に診断が不明確であるケースでは、腹筋トリガーポイントをチェックするとよい。

図:腹部しぼり

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方より引用

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は婦人科系の問題に対して考えていきました。

トリガーポイントの理論では、腹筋が婦人科系と深いかかわりがあるようです。

腹筋は腹部組織を守る大事な筋になりますから、内臓を保護するために緊張しやすいですよね。

なので、婦人科系に限らず内臓に不調がある場合は、腹筋を硬さをチェックしてみるといいかと思います。

腹筋をチェックする際は、

腹部上部吐き気、噴出嘔吐、食欲不振、および摂食障害

腹部中央部過度のガス、膨張感、腫脹、または灼熱感、慢性の下痢

腹部下部夜尿症や婦人科系(生理痛)

このように上部・中部・下部の3つに分けて評価してみるとより詳細に問題がわかってくると思います。

それでは、本日はこの辺で失礼します。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の参考文献です。

これまで何度か紹介しています。

参考書の内容を、手頃にかつ簡単に実践できるのはこの参考書くらいでしょうか?というくらい見やすいです。

誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 筋の基礎からセルフトリートメントまで [ クレア・デイヴィス ]

価格:5,184円
(2018/7/28 23:53時点)
感想(18件)

それでは!!