腰について一覧

インナーマッスルトレーニングは腰痛の治療に有効~腰痛と多裂筋萎縮の関係性~

腰痛を改善するためには何が最も効果的か?この疑問についての検討材料は多々あると思います。セラピストの方は、患者の状態などを見て治療内容を判断しているものを思われますが、今回はそんな腰痛患者には「腰痛にはインナーマッスルトレーニングが必須であり、特に”多裂筋”に対するトレーニングは重要になる」ということを文献を交えて記事にまとめていきたいと思います。

腰痛をこの世から減らすための記事~腰痛の概要から治療法まで(ガイドラインに基づいて)~

”腰痛”といっても幅は本当に広いですよね。腰痛の原因を特定して治療しても思ったような反応が見られなかったり、かと思えば特に何もしていないのに勝手に治っていく場合など・・・。今回は、そんな腰痛を理解するために腰痛のガイドラインや様々な参考書を参考にしまとめることにしました。腰痛でもなんでもそうですが、最低限スタンダードな問題を理解できていると応用が利きやすくなります。

腰痛を治すには横隔膜と骨盤底筋群の関係性が重要【Zone of Appositionについて】

今回は横隔膜と骨盤底筋群について書いていきます。横隔膜と骨盤底筋群は、体幹筋の中で上下に位置する組織になります。 「腹横筋と多裂筋で体幹の前後を支持し、横隔膜と骨盤底筋群で体幹の上下を支持する」、このように上下・前後からの支持により体幹を安定させているのがインナーマッスルになります。今回は上下の支持機構の組織の関連性を踏まえてまとめていきたいと思います。

腰痛を治すにはこのリハビリを実践しよう【下腹ポッコリ体型の腰痛には腹横筋のトレーニングが有効】

前回から引き続き腰痛シリーズを書いていきたいとおもいます。今回は、腹横筋についてまとめていきます。腹横筋は多裂筋と協同して体幹を前後から安定させています。先日の記事の中にもありましたが、「多裂筋の深層線維と腹横筋は協同して働く」と言われています。その腹横筋についてのエクササイズ方法をこれから書いていきたいと思います。

腰痛に対する運動には多裂筋トレーニングが有効~体幹伸展時の腰痛に対する考え方~

多裂筋は体幹の伸展作用のある筋です。 この多裂筋が原因の腰痛の場合、上体を反らせなくなったり、中腰から体を起こす際に腰痛を感じるようになります。 今回はこういった腰痛の訴えに対して行う”多裂筋のトレーニング”の方法を提示していきます。

仙腸関節が問題の腰痛の対処法

仙腸関節が原因で生じる腰痛は臨床で多く見かけます。ただ、その判断基準が明確でないことや他の腰痛疾患と合併していることもありはっきりとしたエビデンスがないのが現状です。しかし、仙腸関節に対してアプローチすることで改善する腰痛もあるわけなので、”仙腸関節”は腰痛にとって重要なポイントの一つになることがわかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク