一覧

ぎっくり腰の後に寛解しても股関節に違和感が残っている症例

つい最近、ぎっくり腰を起こした後から右の股関節周囲に違和感が残っているという問題を抱えている方に対する理学療法について書いていきます。また、腰痛は寛解しても違和感レベルで残存していることから再発の可能性もあると判断し、腰痛に対する評価も併せて行い、腰痛と右股関節周囲の違和感の関連性も検討していきます。

「胸郭・肩・頸部」が原因で起こる腰痛について

今回は、主に上半身の問題が原因で生じる腰痛についてまとめていきます。意外と多いのが肩の可動域制限がある方は腰痛も併発している例ですね。腰痛と肩の関係性とか腰痛と首の関係性なんかはイメージしにくいかと思いますが、記事を読んでもらうと意外と関係ありそうだというのがわかるかと思います。何をやっても腰痛が治らない場合なんかは上半身のチェックも行ってみるといいかと思います。

「骨盤・股関節」が原因で起こる腰痛について

今回は、骨盤・股関節が原因で生じる腰痛について説明していきました。骨盤の異常は主に仙腸関節に異常をきたし、それが腰痛として問題を引き起こします。その仙腸関節ですが、見方によっていくつかの種類にわけられます。その種類によって、仙腸関節性の腰痛の改善方法も変わってくる訳ですね。それに合わせて股関節の問題も同時に見ていく必要があります。

リフレクソロジーの反射区に異常が起こる原因とその関連症状

今回は、「リフレクソロジーの反射区に異常が起こる原因とその関連症状」について書きます。「なんでその反射区が悪くなっているのか?」「その反射区を刺激したらどういう効果が期待できるのか?」などはリフレクソロジーを行う上で知っておかなければならない知識です。この知識があることで今か身体に起こっている問題が予測しやすくなります。

リフレクソロジーの反射区一覧~足の甲について~

リフレクソロジーといったら、足の裏を刺激するイメージが強いですが、意外と足の甲にも刺激するポイントは多くあります。 そして、刺激されると意外と気持ちいいものなんですね。足の甲では、リンパ系の反射区が多く存在しますから、足のむくみなどの改善に効果が期待できますよ。

リフレクソロジーの反射区一覧をまとめました

リフレクソロジーでは、足裏以外にも、足の甲や踵周辺といった足部全体を治療対象とします。リフレクソロジーでは「反射区」といったポイントを刺激していきます。この反射区は、先ほども言いましたが足裏以外にも足の甲や踵周辺にも存在します。 今回は、その中でも足裏の反射区一覧を挙げていきたいと思います。

リフレクソロジーで重要になる4つの反射区

リフレクソロジーは足裏をマッサージする治療法であり、足裏から全身に働きかけることができるものになっています。 足裏には30~40個ほどの反射区と呼ばれるゾーンがあり、その反射区と対応する臓器や全身の部位に間接的に刺激が入っていきます。 今回は、そんな反射区の中でも重要になってくる反射区をいくつか紹介していきたいと思います。

胸郭出口症候群に対する理学療法について~絞扼部位や姿勢との関係性~

今回は、前回の「胸郭出口症候群によって左手が動かなくなった症例」の続きで、胸郭出口症候群についてまとめていきます。胸郭出口症候群について・胸郭出口症候群の症状とは?・胸郭出口症候群と姿勢の関係性・胸郭出口症候群に対する理学療法などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク