一般の方向けの内容一覧

肩こりの原因から解消法までをまとめました

今回は「肩の痛みについて」ということで、肩こりについてまとめています。肩こりは誰でも生じる問題です。まさに現代病の一つですね。肩こりも対処しなければ重症化していきますから、治せるうちにしっかり治した方がいいです。そのためには自分自身でケア出来ることが重要なポイントになるかと思います。今回の記事がその一つの参考になったらと思います。

猫背を改善するための6つの方法(トレーニングやストレッチ)

猫背になっていると自覚している人は多くいると思います。しかし”どうやったら猫背が改善されるか”を知っている人は少ないんじゃないでしょうか?今回は猫背の姿勢を改善する方法を記事にまとめました。猫背を自覚している人は良い姿勢になるきっかけを持っています。いい姿勢になれば身体は健康になってきます。少しの意識の違いで大きな変化が出てくるから身体は面白いものですね。

椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではない?多くの人が抱える腰痛は非特異性腰痛が原因であった。

皆さんは「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と聞いたらどんな症状を想像しますか?痛みでしょうか?痺れでしょうか?動けなくなるんじゃないかとか?色々な想像を持たれるとは思います。今回は、そういった”腰の痛み”について少しかみ砕いてまとめていきたいと思います。腰痛=病気ではないことをわかってもらえたらと思います。

足のケアに最適なリフレクソロジーの効果とは?

リフレクソロジーは主に足裏を刺激していく治療法になります。足裏は反射区と呼ばれるゾーンが存在しそれを刺激することで対象となる臓器にも刺激が入るというものになります。要するに足裏を刺激すれば内臓にも働きかけれるってことです。「胃もたれなど消化器系の不調を持っている人」や「最近二日酔いになりやすくなった」などの不調を訴える人にはリフレクソロジーは最適かもしれません。

でっぱりお腹の解決方法と内臓の不調を改善するための姿勢の取り方

今回は内臓に対してのエクササイズ方法について考えていきます。「内臓とはどういうものか、どういう特徴があるのか?」・「内臓にストレスのない姿勢は?逆にストレスになる姿勢は?内臓にとっていい姿勢とは?」などをこれまでの記事で書いてきました。そして今回はエクササイズ方法になります。皆さん一緒に内臓の引き上げを行い、内臓から身体の不調を改善していきましょう!

良い姿勢をとれば内臓の不調も改善する

今回は、姿勢と内臓の関係性について書いていきました。結論は、身体が丸まっている姿勢は内臓の不調を招いている可能性があり(逆に「内臓の不調があるから身体が丸まってしまっている」こともある)、内臓がストレスなく機能するためには、胸郭と骨盤の間の間隔が大事となるとなります。

リハビリに活かす”内臓”の解剖学

皆さんは内臓の異常を感じたことはあるでしょうか?□胃もたれがする□吐き気がする□お腹がギュルギュル鳴っている□お腹が痛くなるこのように様々な内臓系の症状は皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか?今回は”姿勢”に着目して、”内臓に不調を持った人の姿勢”などを考えていくことにしました。そして姿勢と内臓の関係を理解し、内臓の不調改善について考えていきたいと思います。

腰痛とも関係がある、猫背と関連する10個の症状

今回は、猫背はどんな姿勢なのか?、猫背になると何が悪いのか?なんかを書いていきます。猫背に対するイメージは”見た目の問題”が多いかもしれませんが、意外と猫背は肩こりや腰痛などの身体の不調の原因となっていることもあります。そういった視点でこの記事を書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク