アナトミートレイン一覧

アナトミートレインの浅前線について~消化器系との関連性は?~

消化器系の問題は現代社会で生きる人たちにとっては非常に多い訴えではないかと思います。こういった問題をストレッチやトレーニングなどの身体の操作で改善もしくは軽減できるとしたら最高ですよね!そういった可能性を示しくれるのが、アナトミートレインの概念であり、東洋医学の考え方であります。不調に対する対処法として薬以外にもこういった知識を持っておいてほしいなと思う次第です。

アナトミートレインのスパイラルラインについて~ラインの見方と治療ポイントについて~

今回は”アナトミートレインのスパイラルライン(ラセン線)”についてです。スパイラルライン(ラセン線)は、身体をらせん状に走行するラインであり、歩行や身体の回旋運動時に作用します。このスパイラルラインですが、腰痛や膝痛と関連していることが多いラインになります。今回は、そんなスパイラルラインの紹介と、治療ポイントをまとめていきたいと思います。

アナトミートレインのファンクショナル・ラインとは?~治療のポイントを理解しよう~

アナトミートレインにはそれぞれ走行しているラインがあり、それぞれに役割があります。今回紹介するファンクショナル・ラインは機能線と呼ばれるラインで名前の通り活動時に働くラインになります。なんだか身体の動きがぎこちない・手足が重だるく動かしづらいなどのような症状や違和感を感じている人は、このファンクショナル・ラインが上手く働いていない可能性があります。

アナトミートレインと経絡の両者の関係性を理解することで得られるメリット

アナトミートレインと経絡の関連性を理解すると治療対象が広がるといいますか、包括的に見れるというか、、、見えてくる幅が違ってきますよね。経絡には経絡のメリットがあって、アナトミートレインにはアナトミートレインのメリットがあってそれをうまく取り込めたら見える幅が広がりますねってことです。

アナトミートレインではメジャーな存在?仙結節靱帯の働きとは?

今回はアナトミートレインでもいくつかのラインに関わっている”仙結節靱帯”について調べていきたいと思います。身体の連鎖を知る中で、仙結節靱帯は重要な組織であり、アプローチの対象になる組織となります。今回は自分自身の学習のためにまとめていきますが、セラピストで治療に活かしたい人や、自身の身体で悩みがある人などにも参考になるような内容にしていきたいと思います。

アナトミートレインのラテラルライン編~きれいな姿勢に関連あり!?~

今回は、外側線(ラテラルライン)についてまとめていきたいと思います。このラテラルラインですが、身体の両サイドを走行しています。故に身体の姿勢をコントロールする機能を有します。歩容や姿勢の改善、首の痛みの改善を図る時にラテラルラインを活用していきます。

アナトミートレインの深前線と腰痛の関係性

腰痛や肩こりなどの症状がある方のほとんどはこの深前線のラインが上手く機能していないように思います。特に現代のような「ストレスの多い社会」や「偏ったライフスタイル」をとってしまっている方々は、深前線の働きを意識してみると腰痛や肩こりの軽減だけでなく、仕事の効率化なんかも図れるかもしれませんよ!

「アナトミートレイン」と「経絡」をリンクさせる

経絡とアナトミートレインは、全てではありませんが関連していると言われています。この両者を関連付けて理解していくことで治療の幅が広がってきます。今回はその関連性をまとめていきます。”経絡”と”アナトミートレイン”には関連性があり、アナトミートレインも理解することで経絡を意識した筋肉へのアプローチが可能になり治療の幅が広がります。