健康関連一覧

消化器系の不調からくる「体のだるさ」の解消法!~毎日30秒セルフケアシリーズ~

近年では食の欧米化が起こり、野菜中心であった食生活が肉中心の生活に変化してきています。人間の身体は万能であるため、ある程度は上手く処理できるでしょうが、徐々に処理困難となり、最終的に原因不明の不調となり身体に現れてきます。この場合、必要な時に、必要な活動が出来なくなり結果として「体がだるく」なります。今回は、そのような消化器系の不調からくる「体のだるさ」に対して行うマッサージをご紹介します。

足のむくみからくる「足のだるさ」の解消法!~毎日30秒セルフケアシリーズ~

足のだるさの原因としては以下の項目が挙げられます。長時間立ちっぱなし・デスクワーク・運動不足・筋力不足など。このような、原因の背景には「血流の問題」が関わっています。血液を含めた水分が足に溜まることで足が重だるくなります。今回はそういった症状の解消法を紹介していきます。

内臓反射から考える咳などの喉風邪に対する予防や対処法~上部胸椎の硬さがポイント~

これからの季節、空気が乾燥しているため風邪菌が飛散しやすくなります。そんな時は”うがい”などで対処際するものの風邪になる時はなりますね。予防策は多い方がいいですよね?そんなわけで今回はこの喉風邪に対して内臓反射からアプローチ方法を提案していきます。内臓反射からの視点で呼吸器系の問題を考えていくと全く予想外のアプローチ方法となりますが意外と効果があるかもしれませんよ!

「強力な便秘」は内臓反射を利用して解消!便秘の時は大腿筋膜張筋をほぐしましょう!

皆さんは”便秘”に悩まされたことはあるでしょうか?便秘は、比較的若い女性に多く聞かれる問題ではないでしょうか? 今回紹介する便秘の解消方法は、「内臓反射」を利用したものになります。内臓反射とは、”内臓の問題が体表に影響してくる”というもので、便秘がひどい場合はある特定の部位に反応が現れます。今回はその特定の部位の紹介と具体的な解消方法を紹介していきます。

切迫性尿失禁などによる尿漏れの改善のためには骨盤底筋のトレーニングが重要

「尿漏れ=骨盤底筋を鍛える」このように骨盤底筋をトレーニングすることは尿失禁の改善に有効であることは周知の事実です。 非常に小さい筋の集まりである骨盤底筋ですが、体幹のインナーマッスルとしての機能もあり、身体の中で比較的重要な組織として挙げられます。今回は、この骨盤底筋に関して尿失禁の改善と絡めてまとめていきたいと思います。

ふくらはぎが痙攣した場合は踵歩きで前脛骨筋を効かせてみよう

今回は、足が攣る原因とその中でもよく起こりがちなふくらはぎの攣りに対する対処法を説明していきます。相反神経抑制を利用することで、ふくらはぎの攣りには踵歩きが効果的になります。寝ているときなんかにわざわざ起きて踵歩きをしなさいとは言いませんが、活動中やスポーツ場面なんかでは実践可能な方法になってきます。

リフレクソロジーの反射区に異常が起こる原因とその関連症状

今回は、「リフレクソロジーの反射区に異常が起こる原因とその関連症状」について書きます。「なんでその反射区が悪くなっているのか?」「その反射区を刺激したらどういう効果が期待できるのか?」などはリフレクソロジーを行う上で知っておかなければならない知識です。この知識があることで今か身体に起こっている問題が予測しやすくなります。

リフレクソロジーの反射区一覧~足の甲について~

リフレクソロジーといったら、足の裏を刺激するイメージが強いですが、意外と足の甲にも刺激するポイントは多くあります。 そして、刺激されると意外と気持ちいいものなんですね。足の甲では、リンパ系の反射区が多く存在しますから、足のむくみなどの改善に効果が期待できますよ。

リフレクソロジーの反射区一覧をまとめました

リフレクソロジーでは、足裏以外にも、足の甲や踵周辺といった足部全体を治療対象とします。リフレクソロジーでは「反射区」といったポイントを刺激していきます。この反射区は、先ほども言いましたが足裏以外にも足の甲や踵周辺にも存在します。 今回は、その中でも足裏の反射区一覧を挙げていきたいと思います。

リフレクソロジーで重要になる4つの反射区

リフレクソロジーは足裏をマッサージする治療法であり、足裏から全身に働きかけることができるものになっています。 足裏には30~40個ほどの反射区と呼ばれるゾーンがあり、その反射区と対応する臓器や全身の部位に間接的に刺激が入っていきます。 今回は、そんな反射区の中でも重要になってくる反射区をいくつか紹介していきたいと思います。