ダイエットをするために必要な知識~効果的にダイエットするための2つの考え方~

この記事が為になったと思ったらシェアをよろしくお願いします!

※今回は一般向けに記事を書いていきます。

皆さん、ダイエットはこれまでにしたことあるでしょうか?

ダイエットって取り組んではみるものの、長続きしませんよね。

世の中、有効とされるダイエットは数多くあります。

「○○するだけで―15㎏」

とか

「○○を飲むだけですっきりダイエット」

とか。

でも本当に効果がでた人はいるんでしょうか?

出ている人もいるかもしれないし全くいないかもしれない。

実際に全ての人に効果があれば今頃ダイエットする人はいなくなっています。

では一体なぜこれだけダイエットの理論や商品がたくさん出ているのにダイエットは無くならないのか?

□理論や商品に問題がある?

・・・もしかしたら少しはあるかもしれませんね。

□ダイエットする人に問題がある?

・・・物だけ買って満足してしまう、続かない、他に目移りしてしまうなど・・・人間はダイエットを辞める理由を作るのが非常に上手です。

こう見ていくと、ダイエットを成功するためにまずしなくちゃいけないのは、

「自分自身のダイエットに対する考え方を再考する」

事だと思います。

今回は、そういった「ダイエットの考え方」について少し考えていきたいと思います。

1.ダイエットに運動は必須!!じゃなくて「運動」が大事なのではなくて「運動を継続すること」が大事

運動は大切です。

ダイエットに有効とされているトレーニングはたくさん存在します。

私も理学療法士として働いていますので、どうすれば痩せやすくなるのか?などは少しは知識があります。

ただ、「~したら痩せる」という情報は腐るほどあるだけに、すべてをこなすことは困難です。

当然、すべてしていたら続かないわけですよ。

ダイエットしよう!

何をすればいいかわからない

有名人が「良い」と言っていることを真似てみる

なんとなく始めるのですぐ辞めちゃう

多くの方はこういった状況に陥っているものと思います。

「だから痩せない」

・・・そりゃそうですよね。

ダイエットする理由も、どんなトレーニングをするのかも明確になっていない状態では効果が出るわけありません。

じゃあ何が大事って話ですよ。

それは、

「継続」

です。

まずは継続しなければ何の意味もありません。

「塵も積もれば山となる」

塵もなければ何もできません。

じゃあ継続するためにはどうすればいいんでしょう?

答えは簡単です。

「課題の難易度を下げる」

これだけです。

まずは課題を低くして取り組めばいいんです。

それ非常に大切。

痩せるためのトレーニングを選択していくのはそれからです。

まずは自身が取り組みやすいものから始めましょう!!

例えば、

腹筋を毎日欠かさず行う

とかね。

2.「継続」と同じくらい大事なものは「具体的な数字を設定する」こと

いままでの話を聞いて、

「いよっしゃー!じゃあ腹筋を毎日一回やるぜ!!!!」

・・・あほかって話ですよね。

トレーニングにも法則がいくつかあります。

その中に、「過負荷の原則」といったものがありまして、どういうものかというと、、、

筋力向上のためには、通常筋肉に負荷している以上の抵抗を与える必要がある。

つまり、実際の競技で発揮している張力以上の抵抗を外的に負荷することで筋力の増大につながる。

こういうことです。

トレーニングの法則について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

筋トレも目的をはっきりさせて、明確に行っていく方が効率的です。フルマラソンを完走できるようになりたいのに、毎日ダッシュの練習をする人はいないじゃないですか?筋トレも同じように目的に沿ってトレーニングしていく必要があるわけですね。 今回はそういった筋トレの基本となる原則についてまとめていきたいと思います。

つまり、「ある程度の負荷がかかる運動を継続しなさいよ」ってことです。

気を取り直して、

上記のことを念頭に置いた状態で聞いてもらいたいのですが、

「継続すること」と同じくらい重要なこと、

それは、

「頻度・回数を明確にすること」

です。

要は「具体的な数値を提示していきましょう」ってことです。

なぜか?ですが、

「毎日腹筋をする」

では「バラつきが出てしまう」からです。

「毎日腹筋を50回する」

このように、

明確な回数を設定することで効果的なトレーニングになるわけです。

この回数設定が非常に大事で、

できるかできないかのギリギリで設定できるのが望ましいわけです。

3.まとめ

ダイエットを効果的に行うためには、

基本中の基本で「継続すること」

そして、少し掘り下げて「具体的な回数・頻度を設定する」

この2点が大事になると説明しました。

ダイエットを考えている人は、理論を考える前に、そして器具を揃える前にまずは自分自身と向き合ってみてはいかがでしょうか?

・なぜ痩せたいのか?

・痩せて何をしたいのか?

・どこを痩せたいのか?

・痩せるために何をすればいいのか?

こうしていると、必然的に具体的なトレーニング・その他ダイエットの方法が頭に浮かんでくると思います。

そして、「どれくらいすればイケるか?」を考えていけばいいわけです。

「毎日50回を3か月続けてみよう」などの発想が浮かんでくるはずです。

形から入らず、しっかり基盤を作ってからダイエットに取り組むと思っているより効果が出てくると思います。

それでは本日はこの辺で。

今回も最後まで読みいただきありがとうございました!