腰の痛み一覧

大腰筋と腰痛の関係性~大腰筋は腰部にとってどんな役割を持つの?~

今回は、大腰筋と腰痛の関係性について考えていきました。腰椎部での大腰筋の作用や、大腰筋と共同して腰椎を安定させる腰方形筋について紹介しました。腰痛を引き起こす原因は本当に様々です。原因も様々であれば症状も様々です。大腰筋が関連する腰痛もその中の一部になります。大腰筋が腰痛のすべてではなく、一つの原因として捉えて頂ければと思います。

ぎっくり腰で反ると痛い場合の対処方法について~腰痛には安静よりも行動を~

ぎっくり腰は強烈な痛みを引き起こします。それこそ動けなくなり、家の中を這って動いているなんてことも聞きます。そんなぎっくり腰ですが、症状で多いのは体を起こすときの強烈な痛み、つまり腰を反る動きで痛みを訴えることが非常に多いです。今回は、そんなぎっくり腰の方が腰を反る時に生じる強烈な痛みを少しでも軽くするための方法をいくつか紹介していきたいと思います。

腰方形筋の痛みの原因は「中腰の姿勢」であり中途半端な姿勢が一番悪い

腰痛の原因となる組織の一つである「筋肉」にスポットを当てると、”腰方形筋”の影響は比較的大きいものになります。今回はこの腰痛に関連する筋の中で候補に挙がる確率の高い”腰方形筋”について記事にしていきます。「腰方形筋が痛む原因」と腰方形筋がどのように腰痛に関わっているのか」について紹介していきたいと思います。それではよろしくお願いいたします。

前かがみで生じる腰痛に対する対処法~自分で出来る治療~

今回はその前かがみになる時に生じる腰痛に対する対処法について記事を書いていきます。腰痛の原因がわかっても対処法がわからなければ意味がありません。これから紹介する治療法を実践することで確実に腰痛が治まるわけではありませんが、身体に変化を与える上では非常に大きな一歩になります。自分自身の身体についてこれまで関心がない人はまず試しに実践してみてはいかがでしょうか?

前かがみになった際に生じる腰痛を理解しよう~筋膜の概念で腰痛を考えるとこうなる~

腰痛に関しては、まず痛みをすっぱり無くすことを考えるのではなく、「痛みをどうやってコントロールできるか」を考えていく必要があります。このように痛みをコントロールしていくには原因をしっかり理解する必要があります。 今回は、筋膜の概念から腰痛の原因を理解していきます。

目からウロコの情報!腰痛の予備軍の動きのパターンを簡単にチェックする方法

今回は、腰痛になりやすい人をチェックする方法をご紹介しようと思います。 腰痛を理解する前に、人間には”運動パターン”というものがあります。その運動パターンさえ理解してしまえば、パターンから逸脱しているかどうかを確認すれば、腰痛の原因もわかりますし、なにより腰痛の予備軍も確認することもできるわけです。

体幹のインナーマッスルの働きが低下しているかどうかを簡単に見分ける方法

体幹のインナーマッスルは身体を安定させるために非常に大切です。 インナーマッスルの機能が低下し、アウターマッスル優位になると腰痛や肩こり、頭痛などさまざまな症状が現れます。 今回はこの体幹のインナーマッスルがしっかり機能しているかどうかを簡単に見極めるポイントを紹介します。

椎間板ヘルニアと非特異的腰痛は別物である~腰痛の捉え方を変えていこう~

皆さんは「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と聞いたらどんな症状を想像しますか?痛みでしょうか?痺れでしょうか?動けなくなるんじゃないかとか?色々な想像を持たれるとは思います。今回は、そういった”腰の痛み”について少しかみ砕いてまとめていきたいと思います。腰痛=病気ではないことをわかってもらえたらと思います。