腰の痛み一覧

椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではない?多くの人が抱える腰痛は非特異性腰痛が原因であった。

皆さんは「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と聞いたらどんな症状を想像しますか?痛みでしょうか?痺れでしょうか?動けなくなるんじゃないかとか?色々な想像を持たれるとは思います。今回は、そういった”腰の痛み”について少しかみ砕いてまとめていきたいと思います。腰痛=病気ではないことをわかってもらえたらと思います。

腰部脊柱管狭窄症患者の腰痛や痺れは”中殿筋のトリガーポイント”に原因があった

今回は腰部脊柱管狭窄症と診断された症例の内容になります。症例は強い腰痛の訴えがあり、大きく身体を動かすのが困難な状態でした。腰部脊柱管狭窄症様の症状も確認され、機能不全由来の腰痛に加え、疾患由来の症状が合わさっている状態でした。今回は、様々な症状がある中で何に着目すべきかを考え、そこに対しアプローチしたことで状態の変化が見られたため詳細をまとめていきたいと思います。

腰痛や呼吸機能に影響あり!?~アナトミートレインの深前線編~

腰痛や肩こりなどの症状がある方のほとんどはこの深前線のラインが上手く機能していないように思います。特に現代のような「ストレスの多い社会」や「偏ったライフスタイル」をとってしまっている方々は、深前線の働きを意識してみると腰痛や肩こりの軽減だけでなく、仕事の効率化なんかも図れるかもしれませんよ!

腰を反ると痛い!そんな人は大腰筋のストレッチで腰痛改善!

今回、腰痛を訴える症例に対し、ランジ動作にて大腰筋のストレッチを指導したところ変化が見られた。 そして、継続的にストレッチを続けた結果、現在腰痛の訴えは聞かれなくなっている。 今回は、その腰痛はなぜストレッチで軽減したのかについて考えていく。

【婦人科系】生理痛がひどい方は腹直筋をチェックしてみよう

今回は婦人科系のことについてトリガーポイント療法の視点で書いていきます。女性のみなさんは、人生で少なからず一度は生理痛など女性特有の問題に悩まされたことがあるのではないでしょうか?今回は、その女性特有の症状である婦人科系の問題に対し、トリガーポイントの視点から問題点を挙げ、改善する方法をまとめていきます。

腰を反る時に起こる痛みの改善方法 ~東洋医学的視点から考える~

後屈運動を経絡の観点から考えていくと、肺経-大腸経・脾経-胃経、この2点が後屈時の腰痛と関連のある経絡であると言えます。 今回は、その腰を反った時に出る痛みに対するアプローチ編となります。アプローチ内容については、経絡を用いてアプローチする方法を書いていきたいと思います。

腰痛と関連する筋にアプローチして改善を図ろう【Zone of Apposition/横隔膜・骨盤底筋群のエクササイズ方法】

今回は横隔膜と骨盤底筋群について書いていきます。横隔膜と骨盤底筋群は、体幹筋の中で上下に位置する組織になります。 「腹横筋と多裂筋で体幹の前後を支持し、横隔膜と骨盤底筋群で体幹の上下を支持する」、このように上下・前後からの支持により体幹を安定させているのがインナーマッスルになります。今回は上下の支持機構の組織の関連性を踏まえてまとめていきたいと思います。

腰痛と関連する筋にアプローチして改善を図ろう【腹横筋のエクササイズ方法】

前回から引き続き腰痛シリーズを書いていきたいとおもいます。今回は、腹横筋についてまとめていきます。腹横筋は多裂筋と協同して体幹を前後から安定させています。先日の記事の中にもありましたが、「多裂筋の深層線維と腹横筋は協同して働く」と言われています。その腹横筋についてのエクササイズ方法をこれから書いていきたいと思います。