自律神経の機能の一つである”内臓反射”は生きるために重要な機能である

この前の記事では、自律神経の事について書いていきました。自律神経は身体のコントロールを行う大切な機能になります。そしてこの自律神経は内臓との関わりも非常に大きいです。今回は、少し専門的に、自律神経がどのように内臓など全身と関わっているかをまとめていきます。

自律神経を上手くコントロール出来ないとどうなる?

前回の記事で「ストレス」について書いていきました。そこで、今回はストレスと関係の深い「自律神経」についてまとめていきたいと思います。痛みなどの不定愁訴は自律神経と深い関係を持ちますので身体をチェックする際には1つの要素として評価するようにしています。このように、自律神経はリハビリ分野、特にペインリハで重要な存在になると思われます。

ストレスで体臭がかわる!?~五行色体表を用いた診断法~

今回はあまりいい響きではないですが”体臭”について書いていきます。これから夏を迎えるわけで皆さん汗は否が応でもかきますよね。そして少なからず”体臭”を気にするものではないでしょうか?そして、この”体臭”なんですが、意外と自分自身の臭いはわかりにくいものではないでしょうか?そこで今回は、自分自身の体臭はどうなのか?というテーマで、「ストレスが影響する体臭」についてまとめていきます。

肩関節周囲炎の可動域制限~この筋肉をチェックしよう~

今回は、四十肩や五十肩(肩関節周囲炎)の可動域制限についてまとめていきます。上記の症状としては、□手が上がらない□肩が痛い□下着を後ろで止めれないなどが挙げられます。前回の記事でも書いた肩の痛みと同じかそれ以上に肩の可動域制限は訴えの多い症状になります。今回は、その肩関節周囲炎の可動域制限について効果のあるポイントを書いていきたいと思います。

肩関節周囲炎のしつこい痛み~この筋肉をチェックしよう~

今回は、四十肩や五十肩についてまとめていきます。□手が上がらない□肩が痛い□下着を後ろで止めれないなど、このような症状がある方は必見です。今回は、その肩関節周囲炎の痛みについて、効果のあるポイントを書いていきたいと思います。

腰を反る時に起こる痛みの改善方法 ~東洋医学的視点から考える~

後屈運動を経絡の観点から考えていくと、肺経-大腸経・脾経-胃経、この2点が後屈時の腰痛と関連のある経絡であると言えます。 今回は、その腰を反った時に出る痛みに対するアプローチ編となります。アプローチ内容については、経絡を用いてアプローチする方法を書いていきたいと思います。

腰痛と関連する筋にアプローチして改善を図ろう【Zone of Apposition/横隔膜・骨盤底筋群のエクササイズ方法】

今回は横隔膜と骨盤底筋群について書いていきます。横隔膜と骨盤底筋群は、体幹筋の中で上下に位置する組織になります。 「腹横筋と多裂筋で体幹の前後を支持し、横隔膜と骨盤底筋群で体幹の上下を支持する」、このように上下・前後からの支持により体幹を安定させているのがインナーマッスルになります。今回は上下の支持機構の組織の関連性を踏まえてまとめていきたいと思います。