東洋医学の”証”とは?5つの不調のタイプとタイプごとの注意点と運動方法

今回は、気血水の視点から、身体が置かれている状況を5つのタイプ(証)に分けてまとめていきます。それぞれのタイプで、問題は違ってきます。故に対処方法も異なるということですね。運動が良いのか?リラックスできるものが良いのか?など選択肢は様々であるため身体のタイプがわかると対処法もわかりやすくなりますね。

汗かきや冷え性を改善する方法~東洋医学の熱証・寒証から判断する~

今回は、東洋医学の”寒熱”について記事にしていきます。この寒熱を理解することで、現在の身体の状態を知ることが出来ます。身体の状態を知ることが出来れば、なぜ不調になっているかもわかるようになってきます。自分自身はどちらに偏っているのか?そしてその場合どんなメリット・デメリットがあるのか?偏り過ぎている場合はどうしたら改善できるのか?などをまとめていきたいと思います。

仙腸関節が問題の腰痛の対処法

仙腸関節が原因で生じる腰痛は臨床で多く見かけます。ただ、その判断基準が明確でないことや他の腰痛疾患と合併していることもありはっきりとしたエビデンスがないのが現状です。しかし、仙腸関節に対してアプローチすることで改善する腰痛もあるわけなので、”仙腸関節”は腰痛にとって重要なポイントの一つになることがわかります。

腰痛の原因を特定する方法

今回は、腰痛の原因となる「組織」について少しふれていきたいと思います。 痛みの訴えや動きで原因組織の判別を行うことができれば、治療対象が明確になるので、 対象者にしっかり説明できるようになるし、効果判定もできるようになります。

「アナトミートレイン」と「経絡」をリンクさせる

経絡とアナトミートレインは、全てではありませんが関連していると言われています。この両者を関連付けて理解していくことで治療の幅が広がってきます。今回はその関連性をまとめていきます。”経絡”と”アナトミートレイン”には関連性があり、アナトミートレインも理解することで経絡を意識した筋肉へのアプローチが可能になり治療の幅が広がります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク