東洋医学の”熱証”と”寒証”をわかりやすく解説!!

どうも。
KABOSUです!!

今回は、

東洋医学について

書いていきます。

今回は「あなたは熱い人?寒い人?」という題です!

身体の不調を考える際、

大きく分けて二つに分けて考えます。

例えば、

痛みが出ている人に対して考える場合、

①無理をしている状態

②何もしていなくてただ何となく痛い気がする

この2つの問題は

臨床でよく見かける光景な気がします。

本当に問題がある場合、

痛みは明確であることが多いです。

逆に

痛みが明確でない場合、

大きな問題でない場合やほかの部位に問題が生じている場合が多いです。

このように、

痛み1つとっても

問題となることは1つではないことが多いです。

今回はその辺を意識して

東洋医学的に考えれば、

「色々なパターンがあるよ」

という例をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.あなたは熱い人?寒い人?

正常は

「どちらでもない人が理想」

であるとされます。

要するに

「丁度いい人がベスト」

ということですね。

理想的なのは、「熱くもなく、寒くもなく」という状態です。

熱も寒も過剰にならず、バランスが取れている状態です。

気・血・水の巡りが良く、その量も過不足ない状態がベストであると言われています。

①寒い人の特徴 (寒証)

「顔色が悪く、手足が冷たい寒がりタイプ」

(1)特徴

●生理機能が低下しているタイプ

●顔が青白く、手足など局所が冷える

●温かいの飲み物を好む

●トイレが近く、排泄物の色は薄くて臭いも少ない

●下痢を起こしやすい

●秋冬が苦手で、寒くなると関節が痛む(温めると楽になる)

●男性よりも女性に多い

●年をとるにつれて”寒証”になる傾向にある

(2)「寒証」はこんな人

■青色が白い

■温かい飲み物が好き

■手足がいつも冷えている

■頻尿で下痢を起こしやすい

■冷えることで生じる痛み(関節痛など)がある

②熱い人の特徴 (熱証)

「顔が赤くて、汗っかきのほてりタイプ」

(1)特徴

■代謝が活発すぎるタイプ

■汗の量が多くて顔が赤い

■いつも口が乾いているため冷たい飲み物を好む

■手足の局所がほてったり、目の充血が起こしやすい

■長時間のストレスにより気の巡りが悪くなり、結果、熱証になることもある

(2)「熱傷の人はこんな人」

■汗をよくかく

■口が乾きやすい

■赤ら顔

■手足がほてりやすい

■体臭が強い

4.まとめ

今回は、東洋医学のタイプについて紹介しました。

タイプに関しては様々あります。

今回は、

熱証と寒証

についてまとめました。

この二つはイメージしやすいかと思います。

芸能人で当てはめると、

寒証:又吉とか栗原類

熱証:松岡修造

こんな感じですね・・・

これは、

西洋医学でいう自律神経の関係性と似ていますね。

自律神経は”交感神経”と”副交感神経”の2種類があります。

交感神経=熱証

副交感神経=寒証

このように落とし込んでいけます。

このように、

熱証・寒証の特徴を理解しておくと、

今、相手は何を求めているのかがわかるようになりますよね!!

リハビリでいえば、

●リラクセーションが必要なのか

●筋トレが必要なのか

といった形になります。

このように

東洋医学的視点から西洋医学に落とし込んでいくと理解しやすいことはたくさんあります。

今後もこういった情報は更新していきたいと思います。

それでは、本日はこの辺で!

ありがとうございました!!