東洋医学的視点から診る、身体に起こる5つの不調のタイプとそれに対する運動方法

どうも。
KABOSUです!!

今回も

東洋医学について

書いていきます。

前回は

●熱証なのか

●寒証なのか

をチェックする方法を書いていきました。

あなたはどちらのタイプだったでしょうか?

東洋医学の”熱証”と”寒証”をわかりやすく解説!!

今回は、

体が置かれている状況を5つのタイプ(証)に分けてまとめていきます。

スポンサーリンク

1.証とは?

前回の記事からですが、

”証”

という言葉が東洋医学ではよく出てきます。

まず初めにそこから調べていきます。

証(しょう、あかし)は中医学・漢方医学の治療指針となるべくもので、西洋医学で言うところの病名(診断名)に相当するものである。一般的に、証は弁証といわれる、脈診、問診、触診などから導き出され、病の状態を現す。中医学・漢方医学では、この方法によって導き出された証に基づき、鍼灸・漢方の治療方針を決定する。様々な流派があり、それぞれにおいて弁証方法は若干異なる。

現在、日本漢方界においては「病名(診断名)=処方」「1症状=処方」が一般的な病院において普及しているが、弁証を重視する流派からは、これは中医学・漢方医学の本来の治療指針からは大きな誤りであり、誤治の起こる危険性を懸念する声も高く、また誤治を起こすと副作用として処理することに対し、遺憾であるとの声も根強い。

引用:Wikipedia

要するに、

証=診断名

と判断していいかと思います。

他の参考書などでは、

証=その人の不調や全身の状態

と記されています。

同じような感じですが、

西洋医学と違って、なんとなく感のある(悪い意味ではない)東洋医学の場合、

証=その人の不調や全身の状態

こっちのほうがしっくりくる感じがします。

前回の記事でも

●熱証

●寒証

と二つの証が出てきました。

これ以外にも

●実証

●虚証

といった用語もあります。

このように”証”という言葉は東洋医学では

頻繁に使われるワードなので理解しておく必要がありますね。

2.体が置かれている状況をチェック ~5つのタイプ(証)を知ろう~

ここからは、さらに細かく身体が置かれている状況をチェックしていきます。

①気虚

「生命力に乏しい典型的な虚弱体質の人」

●生命エネルギーである”気”が不足しているタイプ。

●内臓や免疫機能を働かせる”気”の不足から、疲れやすくて胃腸の働きが悪く、風邪をひきやすい虚弱体質に。

●”気”は体を温めるため、冷え性にもなりやすい。

●汗をかきやすく、女性の場合は月経中に下痢をしやすく、月経の量が多くて色が薄い傾向にある。

舌の色が薄く、白っぽくなっている

●対処法としては、

過労や冷えることを避け、十分な睡眠をとることが大切になる。

また、補気作用のある穀物や鶏肉、キノコ類を食べるもの勧められる。

【気虚はこんな人】

□疲れやすく気力に乏しい

□朝起きるのが苦手で、すぐに眠くなる

□立ちくらみがある

□胸がドキドキしやすい

□風邪をひきやすい

【リハビリ的視点】

●耐久性が低く、運動に対する意欲は低い

●低負荷での有酸素運動がおススメ

②気滞

「”気”の巡りが悪く、すぐにイライラする人」

●”気”が停滞し、体内での巡りが悪くなっているタイプ。

●イライラしていて怒りっぽいのが特徴。

●長時間ストレスにさらされることで起こすケースが多い。

ハリや痛みを引き起こすことが多く、ガスがたまってお腹が張る、女性は月経前に乳房や下腹部が張るなどがみられる。

●ストレスが強いと痛みも増大しやすい。

●頭に気が巡らなくなると、めまいを起こすこともある。

●対処法としては、

運動をしたり、ジャスミン茶など香りのいいお茶を飲んだりすることである。

【気滞はこんな人】

□イライラしていて怒りっぽい

□お腹が張る、月経前に胸が張る

□のどに異物感がある、胸がつかえる

□げっぷやガスが出やすい

□下痢と便秘を繰り返している

【リハビリ的視点】

●頭に血が昇りやすく、身体に対する指導に対していい反応が得られない

●下肢中心の筋力訓練がおススメ

③血虚

「肌ツヤ、顔色の悪い栄養不足タイプ」

●体中に栄養を届ける”血”が不足したタイプ。

●血色が悪く、立ちくらみや手足のしびれなどが起こりやすい。

●栄養不測から髪や皮膚は乾燥し、爪も割れやすくなる。

舌の色が薄く、白っぽくなっている

●不眠や不安感なども血の不足から起こる症状と考えられる。

●出産や手術で大量の血を失った後は、ほぼ血虚になる。また、月経がある女性もなりやすい。

●対処法しては、

血を養うには十分な睡眠と「補血」作用のある食べ物を積極的に摂取することが有効とされる。

【血虚はこんな人】

□肌や髪につやがなく、乾燥している

□手足に引きつりや痺れを感じる

□不安感が強く、夜なかなか寝付けない

□便が乾燥して硬い

□めまいがして疲れやすい

【リハビリ的視点】

●不安感が強いため、問題点への介入の前にメンタルケアから。

●低負荷での有酸素運動や全身運動がおススメ

④水毒

「水の巡りが悪く、むくみやすいタイプ」

●水の代謝が悪くなり、体内に過剰にたまっている状態。

●「水を飲んでも太る」とは、まさしくこのタイプである。

●体が重く、だるくなるのが特徴。

●手足がむくみやすく、尿がすっきり出ず、さらに量が少ない。

●または、嘔吐やめまいを起こしやすく、雨の多い梅雨時期になると具合が悪くなりがちとなる。

舌の縁にギザギザとした歯の痕がついている

●対処法としては、

紅茶・プーアル茶・ウーロン茶・コーヒーなどの「利尿作用」のあるものを摂取するなどが挙げられる。

冷たいお茶は逆効果であるため注意が必要。

【水毒はこんな人】

□むくみがある

□胃からチャポチャポとした水音がする

□雨の多い季節は具合が悪くなる

□太り気味でやせにくい

□痰や唾が良く出る

【リハビリ的視点】

●心臓や腎臓への負担増大が考えれる

●中等度以下での有酸素運動、下肢の筋力訓練がおススメ

⑤瘀血

「血の巡りが悪い循環不良タイプ」

●”血”の巡りが遅い、または停滞している状態。

●気虚や血虚、気滞が原因となって瘀血につながるケースもある。

●皮膚は黒ずみ、かさついている。

●顔色はどす黒く、目の下のクマが目立つ。

舌の裏側の血管がどす黒くなっている(舌の裏側の静脈の怒張を確認する)

●頭痛や月経痛などの痛みが強く現れるのも特徴。

●血が滞って起こる疾患(心筋梗塞。脳卒中など)のリスクが高い。

●瘀血の大敵は”冷え”である。

●対処法としては、

体をよく温めたり、運動したりすることが肝要である。

また血を巡らせるショウガや玉ねぎ、青魚、緑黄色野菜などの食べ物の摂取がお勧めである。

【瘀血はこんな人】

□クマ、くすみ、シミが多い

□肌がどす黒く、黒ずんでいる

□女性なら月経痛がひどい

□冷えや肩こりがある

□頭痛などの痛みが強い

【リハビリ的視点】

●循環が悪いため血圧のチェックなどに気を付ける

●ストレッチや菓子の筋力訓練、中等度以下での有酸素運動がおススメ

3.まとめ

今回は、前回の記事から引き続きで、身体に起こる5つの不調のタイプをまとめていきました。

この5つの不調タイプの中で最も気を付けたいのは、”瘀血”タイプになります。

瘀血は血の巡りが悪い状態を示します。

血の巡りが悪くなると、心筋梗塞や脳梗塞のリスクなどが高まります。

つまり、病気になりやすい状態と言えます。

瘀血のチャックは舌診で簡単にわかりますので、是非一度確認してみるといいと思います。

チャック方法は、上記の中でも書きましたが、

「舌の裏の静脈の色」を見ていきます。

舌の裏の血管が、く”かつどす黒くなっていれば(POINT)血流が悪くなっていると考えます。

もし瘀血が考えられる際は、

●食事内容を再考する

●定期的に運動を行うようにする

など検討していくことをおススメします。

おススメの書籍です。よかったらご覧ください!

図解いちばんわかる!東洋医学のきほん帳 [ 伊藤剛(東洋医学) ]

価格:1,620円
(2018/3/22 00:09時点)
感想(0件)

絵でわかる東洋医学 (絵でわかるシリーズ) [ 西村甲 ]

価格:2,376円
(2018/3/22 00:10時点)
感想(0件)

以上、今回はこの辺で終わります。

本日も最後までありがとうございました!!!