TKA術後一覧

膝の痛みの種類~変形性膝関節症の神経障害性疼痛について~

変形性膝関節症(以下、膝OA)の主症状は「痛み」となります。変形が進み、痛みが増悪した場合に手術適応となり人工の関節を入れることになります。手術を行うことで多くの場合、痛みが取れ満足に動けるようになりますが、まれに手術をしても痛みが取れないケースを経験します。この場合、神経系の問題が関与していることがあります。今回は、この膝OA患者の神経症状について掘り下げていきます。

TKA術後の方に対して入院中にしなければならないリハビリとは?

「近年、人工膝関節置換術後患者において患者立脚型アウトカムを用いた評価が主流となっている」最近、このような意見を述べている文献を見かけます。TKA術後初期は熱感や腫脹により「足の置き場がない」とか「とても重たい」などの訴えが聞かれ、文献では2割の方が術後不満足に思っているという結果になっています。今回は、そういった「術後の満足度」を高める為に必要な評価についてシェアしたいと思います。

TKA術後は大腿四頭筋の筋力が一旦低下し6か月以降で術前よりも向上する

TKA術後は「大腿四頭筋のトレーニングが非常に大事である」という文言は、整形外科の病院で働くスタッフであれば一度は聞いたことがあると思います。TKA術後だけに留まらず、変形性膝関節症の場合でも同様です。では、なぜ大腿四頭筋のトレーニングが大事になるのでしょうか?その背景には、TKA術後患者を長期間調査した結果、大腿四頭筋のトレーニングが重要と判断されたからです。今回は、その部分を少し掘り下げて記事にしていきたいと思います。

TKA術後のリハビリの進め方について~エビデンスだけじゃない考え方~

リハビリ業界ではエビデンスのある訓練が非常に大事になってきます。ただし、エビデンスだけを頼りにしていたら根底にある問題に気付かないこともしばしばあるかと思います。今回は、そういった点を踏まえて「TKA術後のリハビリの進め方」についてエビデンスを基礎にして、術後の時期に合わせたリハビリの考え方をご紹介していきたいと思います。