Oberテストの代償動作一覧

大腿筋膜張筋の短縮を評価するOberテストの方法と解釈の仕方

今回は”大腿筋膜張筋”の異常を評価する「Oberテスト」についてまとめていきます。Oberテストは意外と臨床の中で使用頻度の多い評価方法かと思います。しかし評価時の代償動作が多く、評価自体の精度が低いことが問題として挙げられます。そのため、この記事ではどうすればある程度前後評価でぶれなく出来るかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク